Businessman Hand Draws Gear To Success

PVM: Product Validation & Vilification data Management

製品の妥当性確認、及び、検証データマネジメント

1.PVMの目的

PVMとは、Product Validation & Vilification data Managementの略語であり、製品開発のV&Vプロセスで発生する実験やシュミレーションデータを活用するための環境を提供する実験データベース(基盤)です。

従来の実験データベースは、実験データをファイルやドキュメントで保存しており、人間にしか内容が理解できない欠点があり、コンピュータを活用したデータ解析には不向きでした。特に、AIやビッグデータ解析などの必要なデータ量が多い手法を実現する事は非常に困難です。

また、従来の実験データベースは、1つのグループのみを対象とし、閉じた環境で、限られた少数の人しかデータにアクセスする事が出来ませんでした。インターオペラビリティ(相互運用性)が低く、グループを越えたデータ活用は不可能でした。つまり、製品全体や、複数のサブシステムを持つシステムなど、現代のシステム開発に必要な広い範囲でのデータ活用に難があります。

これらを踏まえ、PVMでは、「web上に、機械可読性が高い、実験領域での大規模なデータ空間を作成する」事を目的としています。

具体的には、下記の要素から成り立ちます。

①計測データのデータ化  : 計測データをファイルではなく、データに変換し蓄積する

②標準化         : コンピュータにとって扱いやすい標準化されたデータをweb上に蓄積する

③セマンテック(意味論) : コンピュータがデータの意味を理解するためにデータを構造化する

④オープン        : サーバの中に閉じたデータではなく、活用が可能なオープンなデータにする

⑤広大なデータのweb空間  : 機能Grを越えた広い範囲でのデータのweb空間を実現する

2.計測データのデータ化、標準化について

計測データのデータ化、標準化は、AIやビッグデータ解析等のコンピューターを用いた大量データ活用を促進します。

計測データがExcelなどのファイルに保存されている場合、多くのデータを活用する場合に、多大な労力が必要です。

例えば、あるパワートレインの設計変数に対する各性能の影響度合いを定量化し、各変数の最適な組み合わせを求めたいケースが考えられます。

複数の設計変数に対して、燃費、耐久、加速度、NVH、、等々と100以上の性能の寄与度を求めます。

設計変数に対する各性能の寄与度は、重回帰分析などにより、関係式で表現されるとし、関係式は、各性能のデータから作成されるとします。​

この時に、計測データがExcelファイルで登録されているとすると、少なくとも100以上の各機能Grが独自に作成したExcelファイルを開き、

該当のチャンネルデータを抜き出して、マスターExcelに張り付けるという作業が発生します。

他人が作成した各Excelファイルの書式を理解して、該当箇所を抜き出さなければいけません。

データが水平に並べてあれば、行を列になおすなど、データを解析するための前処理に多大な労力が、必要です。

計測データが、データ化されている場合、このような前処理に必要な労力を大幅に削減する事が出来ます。

PVMの場合、各機能Grの計測データは、標準化された形でデータとしてデータベースサーバに格納されています。

つまり、各機能Grで揃った形でデータは格納されています。

コンピュータは、Webを通じて、この揃った形のチャンネルデータを取得でき、簡単にデータセットを作成する事が出来ます。

3.PVMのデータ構造。セマンテック(意味論)とデータ空間

PVMでは、コンピュータがデータの意味を理解するためにデータを構造化しています。

例えば、2000という数値があった場合、コンピュータは、それが、エンジンの排気量を表すのか、モデルイヤーを表すのか、回転数を表すのかわかりません。

また、「AB1」という単語があった場合、それがパワートレインのモデルコードを指しているのか、エンジンのモデルコードを指しているのか分かりません。

人間ならば、文脈である程度、意味を判断できますが、コンピューターが意味を判断するためには、データに属性やクラスを付けて構造化することが必要です。

また、計測データの構造については、PVMでは、ASAM ODSという世界標準を採用しています。

PVMにより、Web上に大きなデータ空間が出来、コンピュータがWeb規模で内容を解釈して処理した場合の有用性は計り知れません。

例えば、ユーザーが欲しいデータを自分で取りに行くだけでなく、コンピュータがPVMの大規模Webから意味的に正しい情報を提示できる可能性があります。

4.関連製品

実績のあるBrix PVMプラットフォーㇺを活用する事により、PVMを素早く実現する事が出来ます。

5.関連ソリューション

PVMの導入と同時に、下記のソリューションが実現されます。

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment