BLITEBanner1

直感的な操作性

Brix liteのメリット

・研究者やエンジニアが”実験データ”を共有するための基盤

・個人や小規模のグループを対象とした製品

・さまざまなファイル形式のデータを保存できる

・実験データを試験条件などの関連情報とひも付けて保存できる

・APIにより、保存した実験データを取りだし、活用できる

実験データの活用

人工知能(AI)/機械学習(ML)ブームのデジタル・ビジネス時代において、データ活用は、業種や規模を問わず、あらゆる企業にとっての重要な取り組みの1つになっています。Brix Liteは、研究や実験業務に特化したデータ活用基盤であり、業務の核となる実験データを活用しやすい形でデータベースに格納します。

実験ファイルのデータモデル変換

実験データファイルをデータモデル化し、開発コードや試験対象物など、試験の緒言情報と供に登録します。

入力されたデータは、Brix Lite内でモデル化されて登録されます。Brix Liteは、業界標準であるASAM ODS modelを採用しています。

活用したいデータを検索する

フィルタにより、活用したいデータの絞り込み検索をする事が出来ます。

緒言情報やプロットにより、目的のデータと一致しているか確認します。

 

Rest APIでデータ活用

Rest APIにより、Brix Lite内のデータを取り出し、活用します。Rest APIが使用できる解析ツール、BIツール、プログラミングが接続する事が出来ます。

それぞれの計測ファイルが同じデータ構造に変換されて登録されているため、効率的にデータを使用した解析処理を進めることが出来ます。

 

ASAM-ODS

Brix Liteは、業界標準であるASAM ODS modelを基盤技術として採用しています。ASAM-ODSは、欧州の自動車関連製品開発における自動化システム、及び計測システムの標準化団体である、ASAMにより作成された、計測データに関する標準です。ASAM ODSは、システムのアーキテクチャに依存しない方法で、データを格納するための標準仕様を定義しています。異なる世代のデータベースシステムでデータを保存する事や、様々なベンダーのシステムがつながる事が可能です。

製品カタログ

製品機能紹介動画

主要機能、推奨動作環境

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment