Businessman Hand Draws Gear To Success

Brix PVM

次世代自動車開発向け、実験データ活用基盤

製品開発の背景・課題

  • ITシステムとのインテグレーションが必要(例:PLM、 BOM)
  • 変化するIT環境に柔軟に対応する必要がある
  • 実験ツールとのインテグレーションが必要(例:計測器、解析ソフト)
  • 実験で扱うデータ容量は増える。大容量データの高速処理が必要
  • 素早いプロジェクト完了が必要
  • 内製ITエンジニアによる運用が必要

製品の特徴

  • 自動車開発のエンジニアと共同開発された製品
  • Rest APIによるITシステムのとのインテグレーションが可能
  • 階層構造化されたプラットフォームにより、IT技術の変化を柔軟に吸収
  • ASAM標準による実験ツールとのインテグレーションが可能
  • 分散処理アーキテクチャを取る事が可能
  • 標準機能と設定により大部分の基本要件をカバー。速やかに実装が可能
  • 会社規模での導入実績あり
  • ライブラリにより、内製ITエンジニアがデータ登録プログラムを作成可能
  • ライブラリは、様々な開発言語に対応可能(C#、 Java、 python、他)

アプリの選択画面

実験とシミュレーションデータの比較

グラフDBを利用したデータの可視化

製品を使用したソリューション

推奨動作環境

サーバ

OS Windows- Server 2012 以上 /Linux 64 bit
Memory 16GB 以上推奨 (データ容量による)
Hard Drive 1TB 以上推奨 (データ容量やバックアップ規定による)
Web server Apache Tomcat 7 /8 Open Source
Java 1.8 Freeware 64 bit

クライアント

Web browser Internet Explorer 11, Microsoft Edge 12, Chrome 17 – 23 (2012), Firefox 27 – 34 (2014)

※スマートフォンでの表示の最適化には、別途、拡張が必要。

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment

Your Name (required)

Your Email id (required)

Your organization (required)

Phone No (Please mention country code also)

Comment